医療機関の方へ
(根管治療のご依頼)
Contact us
リンク
Link
歯医者の選び方3年連続バナー2019 560×100.png

Tel & Fax

​022-275-5131

当院は予約制です

来院前にお電話ください

医療法人くすのき 南光台歯科医院
〒981-8003 宮城県仙台市泉区南光台2−15−24
Tel&Fax:022-275-5131
医院の特徴
Description

専門性の高い

​根管治療

 

根管治療とは

根管治療について簡単に説明します。

まず、根管とは、歯根のなかの神経が入っている空間です。むし歯が深くなり、神経部分が感染すると治療が必要になります。それが根管治療です。
治療は、単純に言えば「根管をキレイにする」ということです。

しかし、実際には簡単ではありません。根管は丸いと思っていませんか?実は、非常に複雑な形をしており、人により、またそれぞれの歯によってその状況は異なります。


当院では歯科用CTを用いて、事前に立体的な根管形態を把握し、歯科用顕微鏡にて根管内を確認しながら治療を行います。そのため、治療の確実性が高まります。

​歯は削れば弱くなります。いたずらに治療を繰り返すことで脆弱性が高まります。少ない回数で必要最小限の切削にとどめ、歯質の強度保持に努めることも重要です。「専門性の高い根管治療」は、ほとんどの場合2・3回で治療が完了し、何度も歯を削るということはありません。

重要なのは診断!

根管治療で最も重要なのは「診断」です。

「診断」とは、原因を見極め、それに対する治療オプションを選択することです。正しく診断できなければ、いくらCTや顕微鏡があっても治癒には至りません。

​診断には知識と経験が不可欠です。とりわけ、通常の対応が困難な難症例ともなれば、なおさらです。様々な状況に対応するためには、いろいろな治療オプションを用意しておく必要があります。当院では、豊富な治療オプションを用意しております。

【実績】の豊富さを一つの参考にしていただければと思います。

治療を繰り返せば治るの?

症状が治まらないからと、何度も、何ヶ月も根管治療を繰り返していませんか?

適切かつ必要十分な処置が行われれば、ほとんどの場合、2・3回で治癒に向かうはずです。繰り返しても良くならないということは、その処置が適切ではないということになります。また、何度も根管を削られてしまうと歯根の厚さが薄くなり、歯根が割れやすくなっていきます。

根管治療を行なった歯が再発してきた場合、以前と同じ処置をしても治癒する可能性は低いと考えるのが妥当です。なぜなら、以前の処置が妥当だったのであれば、その際に治癒していたはずです。失敗の原因を検討し、それを解消できるような処置を行う必要があります。いたずらに同じような治療をしても、治癒もせずに歯が削られて弱くなっていくだけです。

それらは、当院の「専門性の高い根管治療」で解決できるかもしれません。思い当たる場合は、お気軽にご相談ください。

​また、通院されている歯科医院からの紹介も受け付けております。【医療機関の方へ】をご覧いただき、担当されている先生からご依頼頂くようお願いいたします。

そのほかの特徴

≪治療回数は、概ね2~3回で済みます≫
根管治療は、回数を少なく済ませるのが基本です。1回の治療は1時間程度と長くなりますが、全体では2~3回で終わることがほとんどです。

≪ラバーダムを使います≫
歯科用顕微鏡を用いる際は、ラバーダムを装着して術者の両手が自由に使えるようにすることが前提となります。唇や頬を片手でよけている状況では顕微鏡は使えません。
また、ラバーダムには、

  • 唾液等の汚染原因が治療部位に入るのを防ぐ

  • 消毒液が口腔内に漏れるのを防ぐ

  • 器具の誤飲・誤嚥を防ぐ

  • バイトブロック(咬んでおいていただくブロック)との併用で、お口を無理に開けておく必要がない

といった目的があります。

≪毒性の強い薬剤を使いません≫
根管治療で多く用いられている毒性の強い薬剤を、当院では用いておりません。
何度も強いくすりを取り換える治療が多いようですが、殺菌効果も高いかわりに、ヒトに対しても毒性が強いのが事実です。当院では安全性の高い治療を提供するよう努めています。