医療機関の方へ
(根管治療のご依頼)
Contact us
リンク
Link
歯医者の選び方3年連続バナー2019 560×100.png

Tel & Fax

​022-275-5131

当院は予約制です

来院前にお電話ください

医療法人くすのき 南光台歯科医院
〒981-8003 宮城県仙台市泉区南光台2−15−24
Tel&Fax:022-275-5131
  • 歯の移植

  • ミニマルインターベンション

【下顎右側第二小臼歯部への智歯移植例】

歯の移植

抜歯などにより歯が無くなってしまったところに、ほかの部分の歯を移植することが可能な場合があります。移植により、入れ歯やインプラントを用いずに済みます。移植する歯は、親知らずを用いることがほとんどです。

移植の場合、天然歯に存在する「歯根膜」という歯根と骨をつなぐ組織が再現されます。歯根膜には咬合時(咬んだとき)の緩衝作用(衝撃を和らげる作用)があります。
インプラントの場合、歯根膜はなく、骨に対してがっちりと結合しているため、緩衝作用は期待できません。

移植後には、根管治療が必要になります。根管治療が不十分では、移植も失敗します。専門性の高い根管治療を行うことで、移植の成功率も上がります。

ミニマルインターベンション

むし歯を削ったあとは、型を取って、次回に金属・セラミクスなどを取り付けることが一般的です。

その理由としては

  • 治療時間が短くて済む 

  • お口の中ではなく、模型のうえで詰めものを作ることができる(簡単に形づくれる) 

といったことが挙げられます。
 


これらは、歯科医師側からすると大きな利点となりますが、患者の立場からすると、好ましくない点もあります。
むし歯は多くの場合、奥で拡がっています。型を取って取り付けるなら、詰めものを上から入れるために外開きに削る必要があります。また、下の図のように、歯の側面と咬む面の両方に離れてむし歯がある場合では、その両方をつなぐ形で削ることになるため、削る量は多くなります。

型取りをする方法

型を取って取り付ける方法に対して、むし歯を削った部分に、歯と同様の色調をした樹脂をつめる方法【コンポジットレジン充填】があります。
この【コンポジットレジン】という樹脂は、泥状・粘土状であり、削った部分だけに詰めることができます。詰めた後に強い光を当てると、歯に近い硬さに固まります。 
型を取る方法に比べて、格段に削る量が少なくて済む、歯にやさしい治療法です。これを【ミニマルインターベンション(Minimal Intervention)】と言います。

ミニマルインターベンション(Minimal Intervention)

しかし、コンポジットレジンは歯と段差がないように詰めるのが結構大変です。
適当に詰めると、歯との境目に段差ができてしまい、かえってそこに汚れがたまりやすくなります。常に汚れが残っていると、簡単にむし歯になってしまいます。
また、歯と歯が隣り合って接している部分を詰める場合、元のように隣の歯との間にすき間がないよう詰めていくことも、なかなか大変です。すき間ができてしまうと、ものが挟まりやすかったり、歯が少し動いてしまうこともあります。
コンポジットレジンを詰める際に用いる接着剤は、水分の存在により接着力が低下します。なので、水分をできるだけ除くために、 ラバーダムを用いることが重要となります。
単に、詰めればいいというものではなく、万全の準備と確かな技術が重要となる治療法です。
なるべく歯を削りたくないとお考えの方はお気軽にご相談ください。